一般社団法人 千葉県臨床工学技士会

Chiba Association for Clinical Engineering Technologists
 

災害時情報

災害時情報

JHATのホームページ

日本災害時透析医療協働支援チーム「JHAT」

組織構成
構成団体の中心を日本臨床工学技士会(災害対策委員会)、日本腎不全看護学会(リスクマネージメント委員会)、日本血液浄化技術学会(災害対策委員会)などの実働的団体および日本透析医会とし、 従来からわが国で構築されてきた透析医療における災害時情報ネットワーク災害時情報伝達方式を有効に活用するために強固な連携を構成、維持する。
また、JHAT の活動に賛同する透析医療関連団体および企業を協力団体とし、厚生労働省をはじめとする行政とJHATの協力態勢を確立する。

役割
1)本部
 災害発生時に JHAT による支援活動が必要と判断された場合は、本部機能を下記に設置し対応にあたる。
 JHAT 支援活動の必要性は、各情報コーディネーターによる情報をもとにコア4団体における緊急協議のうえ迅速判断を行い支援開始となる。

本部:
 〒243-0292 神奈川県厚木市下荻野1030
 神奈川工科大学 K4号館 407号室
 TEL:046-291-3069
 FAX:045-330-6863
 Email:info@jhat.jp

2)情報コーディネーター
(1)役割
 被災地の情報を中心に、発生した災害に関する知り得る情報を日本透析医会災害時情報ネットワークメーリングリスト「joho-ML」を用いて情報共有する。
 被災地外の情報コーディネーターであっても、必要と思われる情報は積極的に提供する。
(2)登録
 日本透析医会災害時情報ネットワークメーリングリスト「joho-ML」に登録する。本メーリングリストは2000年の開設以来、これまでに発生した大規模災害時を中心に活動実績を持ち、 JHAT活動における情報共有ツールとしても登録者(情報提供者)を増員し引き続き活用していく。

登録に関する現況は以下のとおり。
・日本透析医会
 日本透析医会会員施設担当者(医師を中心に)を登録済みであり、引き続きこれまでの災害発生時情報共有活動を継続する。
・日本臨床工学技士会
 47都道府県臨床工学技士会の災害対策担当者(2〜3 名)が登録済みである。
・日本腎不全看護学会
 日本臨床工学技士会と同様に、各地域の看護師担当者の登録作業を今後進めていく。
・日本血液浄化技術学会
 会を中心的に構成する職種が臨床工学技士であり、日本臨床工学技士会登録者と重複するため、地域担当者の登録は行わない。
・その他の医療関係団体・企業
 JHAT の活動に賛同する協力団体の医療関連企業および関連団体への登録を求める。
・行政関係
 厚生労働省健康局疾病対策課等中央行政担当者及び各都道府県行政担当者(47都道府県すべて)が登録済みであり、メーリングリストにあげられた情報は直接行政に届けられている。
 
ホーム

当会のご案内


セミナー
お知らせ
医療機器安全情報

各委員会


求人情報

災害時情報

医工連携

お問い合わせ
臨床工学技士会関連リンク集
 
 千葉県臨床工学技士会
Copyright © 2021 一般社団法人 千葉県臨床工学技士会  All Rights Reserved.